2011年03月05日

勝間さんはエリートなのにネタに困らない面白い人だな

経済評論家の勝間和代氏が、最新の著作の中で「もし女性が男性にモテたいと思ったら、相手に『セックスできるのではないか』という期待を持たせるのが一番簡単な方法」という自説を披露。この説が物議をかもしている。R25

2チャンネルでも話題となっており、3時間余りで、1000件以上の書き込みが殺到したらしい。そんななか、賛成・反対両者から大絶賛された書き込みが、「欲しがりません、勝間では」という、戦時中の標語をパクったものである。スゲーっ!うまい〜と激賞とのことだが、ほんとにうまいわ。でもさ、「セックスできるかも」っていうのは、ダイレクトすぎるんでなんだけど、要は、男はモノに出来そうな女しか相手にしないってことだろ?男はそもそもガッツがないからな。ヘタな相手に手を出して自信が 打ち砕かれるのはカンベンだからね。  
ところで、勝間さんは大変なエリートで、優秀な女性であるが、本人の発言やそれに対する他者のリアクションを見ると、これほど非の打ちどころのない人物でありながら、ネタに困らない面白い人であることが伺える。おそらく、勝間さん本人は大変真面目で、真剣にやっている、だからこそ笑えるのだと思う。純粋な人なのだと思う。精神科医の香山リカから正面きって批判されたときも、おそらく、戸惑ったのではないかと思う。自分はよかれと思って、みんなに幸せになってもらいたくて、人助けのつもりで言っていることが、ああいうふうに非難されて困惑したであろう。勝間さんはごく普通の優秀な人であって、けっして悪い人ではない。優秀な人は優秀じゃない人のことなどわからないのが普通だ。勝間さんにだけ、無能な人間のこともわかってやれと言うのは無理な注文だ。自分のバカさ加減を棚に上げて、勝間さんの言うとおりにやったのに、できなかったなんて言うのは、あんたにだけ教えるんや、と儲け話に乗せられて騙されて泣き言言ってるのと同じである。でも勝間さん、香山リカへの反論本「やればできる」のなかで、会計士にこだわる必要はない。数字の苦手な人は、どんなに頑張っても公認会計士にはなれない。自分の得意分野でがんばらないとダメ、と言っている。オオーッ!勝間さん、やればできるじゃないですか!弱者への配慮。がんばれ、勝間さん。2チャンネルなんぞに負けるな!
posted by みょうみょう at 21:11| Comment(0) | 街ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

平日の夜にうちカフェなんかしてるとボケるぞ

自宅でしゃれたお菓子やケーキを食べながら、コーヒーやお茶を飲んでカフェ気分を味わうことを「うちカフェ」とかいうらしい。20〜39歳有識者1399人に聞いたクロス・マーケティングの「“うちカフェ”に関する調査」によると、30代男の“うちカフェ”率は92.2%で、30代、20代の女を上回っている。……
2月1日・日刊ゲンダイの記事である。なんかよくわからん。ちなみに男女全体で、平日の夜にひとりうちカフェをしている人の割合が最も多いらしい。“ひとりで”“しゃれたお菓子やケーキ”がポイントであろう。パソコンに向かいながら、駄菓子を食べて麦茶を飲んでいるのは、うちカフェにはいらないのか?おいしいものをゆったりと味わう、その時間を楽しむ、そういうことなのか?しかし、平日の夜それほどひまな社会人が多いということなのか。おそらく独身であろう。子どもがいては、ゆったりカフェ気分にはならないからな。私が小学生の頃は、夕食の後、茶の間に家族みんなが集まり、果物やお菓子を食べ、お茶を飲んで、テレビを見たり、トランプなどのゲームをしたものだが、あれはうちカフェとはいわないのか?しゃれたお菓子やケーキではないからダメか…それにしても、うちでお茶を飲んで「うちカフェ」とはくだらん!!充実した生活といえなくもないが、くだらん!ひまな人間が多い!というのが正直な感想だ。第一、平日の夜なんでそんなにゆっくりうちカフェができるんだ?外に出ないのは知っている。金もなけりゃ友達もいないからだろ?うちで仕事しないのか?本を読まないのか?趣味ないのか?平日の夜そんなにボーっとしてお茶などすすってたらボケるぞ。30代男よ、うちカフェするのは勝手だが、早くボケるのは社会の迷惑だよ。なんかボランティアでもしろよ。
posted by みょうみょう at 21:42| Comment(0) | 街ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

吉野家は女性客にもっと考慮すべし!

牛丼について書きたい。たかが牛丼、されど牛丼。だが、味がどうのこうのと、まるで味のわかる人間のようなことを言いたいわけではない。どこで食べようが牛丼は牛丼、とはいえ、吉野家のはなんか味が薄いよ…って決して味がわかって言っているわけじゃあないんです。たんにクド好きなだけで。むか〜し、20年以上前、安い牛丼を食べさせる店といえば、吉野家しかなかったのです。それまで首都圏にしかなかった吉野家が北陸にも店を出したときは嬉しかったもんです。ところが、私がぼんやりしている間に、すき家だの松屋だの、似たような店ができているではないか。しかも、すき家も松屋もなかなかうまくて、しかもミニサイズなどもあるではないか。一方吉野家は、ブランドで勝負だかなんだかしらないが、ミニサイズはないわ、メニューは少ないわ、値段は下げないわ、味は薄いわ………すき家に売り上げを抜かれたらしいが、当然ではないかい。いまどきミニサイズを置かないのは、わかってないってことさ。女は小食だし、へんな時間に食べる時は、小さいサイズのがちょうどいいんだよ。でかいサイズばかりじゃ女は入りづらいし、男ばっかりが集まるので余計入れないよ。安売り戦争は確かによくないさ。でも吉野家が苦戦を強いられているのは、値段を下げないからばかりじゃないよ。ブランドで勝負はおおいに結構。だが、もっと多様なニーズに応えなきゃ。吉野家はほんと入る気になれないよ。味噌汁が別売りなのも、女向けではない。ところで、牛丼屋がずいぶん強盗の被害にあってるそうだね。とくにすき家が圧倒的に多いらしい。ネットニュースでは、カウンターに入りやすい、深夜従業員が一人になる時間帯多い、レジが入り口に近い、など挙げられていた。たしかにそうかも。特にレジは、券売機の松屋、個別レジの吉野屋に比べ、客としては不便だし、泥棒にとっては好都合というわけだ。いくら儲かったって、泥棒にもってかれたんじゃもったいないし、客だって危なっかしくって入れないよ。券売機にすべし。それと、すき家は、カレーをもっと工夫しないと。松屋のはうまいよ〜。ピリッとしているのにマイルド。この間、すき家と松屋を間違えて、即カレーを注文して、がっかりしたよ。すき家め、ボンカレー出したなって思ったもの。ってか、カレーの話ではない!牛丼だ!吉野家たのむよ!
posted by みょうみょう at 22:41| Comment(0) | 街ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

ゲームセンターに集まる高齢者

「開店前から行列も、ゲームセンターが高齢者の遊び場に」週刊文春12月18日号が元ネタのネットニュースである。セガ広報部によると、立地条件にもよるが、郊外の大型ショッピングモール内のお店が人気。ファミリー向けの明るい雰囲気に加え、シンプルなゲームが中心で遊びやすいことが要因ではないかとのこと。楽しみはゲーム以外にもあり、「来れば友達がいる」など、会話や交流も目的のひとつである、とはある介護福祉士の話。ゲームをすることにより脳が活性化してよい、という意見もあるようで、実際リハビリ用にゲーム機を使用している施設もあるようだ。なるほどね〜と思いつつもなんか??何かがズレているような気がしてならない。高齢者のリハビリ・レクリエーションのメニューは、実は多彩である。種類は多く本などもいろいろでている。どれも、楽しみつつなんらかの機能を使うことにより、体や脳を活性化させるものばかりである。ゲーム機なんぞ買わなくたってできるものばかりなのだ。だが、施設においてはリハビリ・レクを提供できる職員がほとんどいないのだ。重要性もわかっていないし。私が勤務する特養では、レク、レクとかしましく言っているわりには誰も工夫しない。CD付きのカルタなどあろうものなら、CDを流して自分は記録を書いたりしている。やればそれでいいという考えなのだ。ゲーム機を使用するのもいいが、子どもにテレビやビデオを見せて、静かでいいわ〜などと嬉しがってたら、覇気のないやる気なしの子どもに育ってしまった、なんてのと同じようなことにならなけりゃいいけど。ゲームセンターに高齢者が集まるのは、ゲームを媒介としてコミュニケーションを求めているんだろうね。いまどきっぽいな、ゲームセンターとは。だが、確かに大型ショッピングセンターではよく高齢者を見かける。今度ゲームコーナーものぞいてみるかな。そのうち、コミュニケーションもとらずに、個々の機械に向かってゲームに熱中するようになったりして…
posted by みょうみょう at 09:34| Comment(0) | 街ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

それが裏メニューか?あんましだぞ。

ネットニュースに「吉野家、マック、スタバにも裏メニューが!」とあったので、興味を持ち読んでみると、なんのことはない、吉野家ではタレを足すとか、マックではケチャップやマスタードを抜くとか、スタバではシロップを足したり変更したりとかそんな類であった。元ネタは週刊誌SPA!である。時々ここの記事がネットに流れてきているが、SPA!はくだらなく、面白い。読者層が容易に想像できる。それはともかく、裏メニューだ。私は10年以上前、近所のスーパーにサテライト店舗として入っていたマックでバイトしていた。社員からはマックではなくマクドと略すように言われていたが。裏でバンズやミートパテを焼いたり、ハンバーガーを
「組み立てる」仕事をしていた。(ハンバーガーは調理するのではなく、組み立てる)その頃からケチャップを多くしたり、マスタードやピクルスを抜いたりという注文はあった。だって苦手なものが入ってたらハンバーガーが食べられないじゃない。肉が薄いので2枚にしてくれとか、パテの代わりにチキンナゲットをはさんでくれとか、そういうのは無理だったけど…調味料の類を増やした減らしたで裏メニューとは、おい!SPA!そりゃ手抜き記事じゃないか。だが、もしやその程度の注文ができないのが日本人なのかもしれないな、とも思った。出されたものをただ黙って受け取るだけ。行儀がいいといえばいい。お人よしのバカとも言える。だが、よほどふざけた注文でない限り、言うだけ言ってみるのがいいんじゃないか?かなりふざけた、これはさすがにまずいだろう、というようなものでも案外あっさり受け入れられたり…言い方次第ということもあるだろう。私は特養に勤務しているが、年寄りというのはほんとうに、言ってしまいますが、よく言えば遠慮深く行儀がよく、悪く言えば人がいいにもほどがあるというか、根性よしというか、黙って従うことに慣れた奴隷根性というか(ひどい言い方ですがね)介護しているこっちが腹が立ってくる。そんなことされて黙ってるヤツがあるか!!というくらい誰も文句を言わない。職員もそんなものだと思っているので、たまにうるさい家族がいると、とんでもないモンスターとみなされる。介護業界は売り手市場だからこうなんだろうが、買い手市場の飲食業界でさえ、調味料を加減してもらって裏メニューなどとありがたがってるようじゃ、こりゃ目出度いな。
posted by みょうみょう at 08:55| Comment(0) | 街ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。