2011年12月28日

来年までドカ雪降るな!!

去年の今頃も同じような天候だったような。当たり前か…同じ場所で毎年天候が変ってたら大変だな、天変地異じゃないか。って、そういうことじゃなく!!(じぶん突っ込み)北陸では昔からドカーンと雪が積もるのは、年明けで年内はそんなでもないのだ。去年は12月中頃から降りだして大晦日はすっごい積もった。今年も今の降りかた見るともしかしたらそうなるかも…北陸地方に生まれ育っているんだから。雪ぐらいでビビらなくてもいいのだが、いやなのは職場の駐車場である。どれだけの積雪であろうと除雪車が入らない。道路はどんなに雪が降ったって、恐るるにあらずだが、職場の駐車場は危険このうえない。去年、出勤して思った。早いうちに辞めよう。ここで事故起こす前に辞めなきゃって真剣に考えた。私は老人ホームに勤務しているのだが、当然ながら365日24時間営業だ。トップは都合よくこの年中無休を持ち出して、だから大事な仕事なのだ、気が抜けないのだと言う。言うまでもないが、年中無休は施設であって、お偉方は土日祭日盆暮れはお休みである。自分たちが来ない日はどうでもいいらしい。お偉方の駐車スペースは事務方が雪かきする。特別スペースだからそのへんに雪を放り投げておけばいいのだ。だが他の従業員は、自分さえよければで雪かきをするわけにはいかない。20センチ近くも積もった雪を隣や前や後ろに放り出すわけにいかないのだ。本当に困った。泣きたいような気分だった。職員同士の駐車場での事故もあった。当然だ。この職場で自分を守るのは容易なことではないと思った。いろいろあって今年いっぱいで辞めることになった。30日が最後の夜勤となる。31日の明けの日、無事に職場を去りたい。
posted by みょうみょう at 05:40| Comment(0) | 愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

新人だけの問題じゃないんだって!!

老人ホームに勤務している。職場内で内線電話を取ったらとりあえず部署の名前を言うというのは常識かなと思う。自分の名前も言うのが一番いいのだろうが、私はなかなか言えない。自分あてにかかってくることなどなく、誰がとってもいいような用事・用件がほとんどだからだ。ところで、自分が内線電話をかけるときはどうだろうか。私はどんな用事であろうが、自分からかけるときは必ず部署と名前を言う。だが、それをしない人がわが職場には非常に多い。新人は内線電話などかけないから、いわゆるベテランである。挨拶にはとにかくうるさい職場なのだ。といっても、新人から先輩への挨拶限定であるが。内線電話をかけていきなり用件を言って、ガチャ切りである。介護部長自らがそうである。さすがに介護部長の声はわかるが、声のわからない人が「〇〇さんいたら連絡して」とか言うと、この人新人OLか?と思ってしまう。日刊ゲンダイには、よく新入社員のとんでもぶりが載っているが、問題は何年経っても成長がないことではないのか?ベテラン社員のとんでもぶりもきちんと載せてくれないと不公平だぞ、ゲンダイ。ああ、新人OLにイラッとくる、電話・挨拶・敬語…全部だめならせめて言い訳ぐらいちゃんとしてくれ!!とあるが、だ〜か〜ら〜新人だけじゃないんだって!教育係りのベテランがため息まじりに愚痴っているのが載っているが、そのベテランも同じなんだって!!そういえば、最近介護部長が、若い子ならまだしも年配者やベテランでも挨拶できないもんがいるとかなんとか言っているが、今気づいたんですか?と思います。あなたといっしょできちんと挨拶のできない人間ばかりなんですよ。何年お勤めかな?
posted by みょうみょう at 16:23| Comment(0) | 愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

吉牛なんぞ食べていては、士気が下がること甚だしい

今日の昼ごはんは、時間がなかったのと、安くすませたいのとで、駅の構内にある吉野家の牛丼であった。牛鍋丼とかいう280円のやつにした。味噌汁は別料金なのでオーダーする気にはなれなかった。もそもそと丼を口にはこびながら、つくづく、吉野家は女の入る店じゃないなと思った。回りの客は男ばっかりである。しかも、じいさんやおっさんや、若いのは冴えないオタクみたいなヤツばっかりで、気が滅入ったよ。吉野家の牛丼はあんましうまくないし、味噌汁なしなので、食もすすまず、本当に居心地が悪かった。紅生姜でなんとか食べ終え、そそくさと店を出た。早い、安い、うまい(うまくないか)これらのメニューは、貧乏人や食事に金を使いたくない人間には、ありがたいが士気が下がるのは確実だ。草食男はこういった食生活が原因だな。(断言)なんか女は肉食で元気がいいみたいなことを言ってる人がいるが、女も覇気のないのが多いように思う。つまり食生活だ。(断言)この年になって、吉野家の牛丼を食べるわびしさを身に沁みて感じた。日々の食卓はそれなりの手抜きはするものの、出来合いのものを出したり、インスタント食品を使ったりというのは、極力避けている。今後それだけではなく、もっと栄養のあるものや、おいしいものをだんなに食べさせようと思った。わびしい吉野家の食事をきっかけに、日頃の無精を反省したしだいである。
posted by みょうみょう at 23:13| Comment(0) | 愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

できないヤツに限って他人のことをとやかく言う…

うつうつとして、仕事に対するモチベーションが上がらない。そんなもん上がらなくったって、仕事は仕事、やるべきことをやれよって?そりゃそうだろうけど、やるべきことがなんなのか、それがわからない。今日ためしに、タラタラのんびりサボりながら仕事をしてみた。いつもタラタラのんびりしているヤツや、手抜き以前のひどい仕事ぶりのヤツがイラついてるのがよくわかりおかしかった。いつもいっしょうけんめいに仕事をしている人は(よく走っている)私のサボりを知ってか知らずか、いつもと全く変わらない様子で、相変わらずいっしょうけんめいだった。私はいつも他人にイラつく。なんか他人がズルこいてるような気がするのだ。はっきりと意識してそう思っているわけではない。もっともらしい理由は自分なりにあげている。だが、どうも本当のところは、自分ばかりが損をしているようで面白くないのだろう。けど、なんでそう思うのだろう?今日あてつけがましくタラタラダラダラ仕事をしてみて、他のヤツの反応を見て、気づいた。いつもいっしょうけんめいな人は、その人自身がよく動いている。私は反対だ。自分と同じくらい、いやそれ以上に他人がいっしょうけんめいに動いていないとすごく腹が立つ。何かをするのは自分ではなく他人と思っているのだ。自分のことを棚に上げて言うが、他人を責めたり、攻撃したり、愚痴ったり、とにかく他人のことばかりとやかく言うのは本当に見苦しいし、うんざりくるし、そういうあんたが一番ひどいよ、と思うものだ。そういうやつを見て反面教師とするのは不可能だ。自分も同じなのに、自分のほうがまだマシ、ああならないようにしようなどととんでもない勘違いをしてしまうのだ。往々にして自分のほうがひどいのに。いつもいっしょうけんめいな人は、人のことをとやかく言わない。本当だ。こんな人をだんなにしている元同僚がすごいと思う。どんな男を選ぶかで女の度量・技量がわかる。どうせ男も同じことを考えてるんだろうけど。全く逆だからね!!
posted by みょうみょう at 20:57| Comment(0) | 愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。