2011年11月09日

3年で辞めて何が悪い

今週のブログテーマ】今回のテーマ:七五三

七五三現象なるものをご存知か?いい大人が千歳あめをなめたり、おでこに赤いハンコを付けたりする流行現象ではない。
入社した会社を3年以内に辞めてしまう比率を学歴別に表したもので、中卒で7割、高卒で5割、大卒で3割だそうだ。就活の学生が「自分は何がしたいのか」「何が向いているのか」を考えても、企業側が「何を求めているのか」を把握できなかったという背景があり、視点を変えて言えば、現代ではそれほど採用する側と採用される側のミスマッチが浮き彫りになっている、ということだ。先月の新聞記事より。

そういえば、『若者はなぜ3年で辞めるのか』という本があったが、そうとう売れたらしく(私は読んでいないが)アマゾンには200以上のブックレビューがあった。ほとんどが星5、4である。今どきの若いモンはすぐに仕事辞めて〜という内容ではなく、(私はてっきりそうだとばかり思っていた)年功序列の悪癖が書かれているようだ。レビューをいくつか紹介する。ちょっと長いが全文のせる。

タイトルの前半だけ見ると、「最近の若者はすぐ会社を辞める。我慢がない。」という
聞き飽きた説教を述べる本かと思ってしまうが、『年功序列が奪う日本の未来』とある通り、
日本の企業に根付いた年功序列の悪しき体制を鋭く、かつ冷静に批判している。

年功序列が生きていた時代と、
その腐った体質だけが残り、勤め続けても決して未来は約束されていない今とは
根本的に違うという事実の指摘に、拍手を送りたい。
私も若者の一人として抱いている率直な感想だが、
何となく会社に入って無難にこなしていれば出世でき、将来も安泰だった時代は簡単だったと思う。
今は就職に当たって細かな自己分析が要求され、学生なりに真剣に自分と向き合い、
どんな理由でどの会社に入って何がやりたいのか、自分には何ができるのか、を突き詰めて考え抜き、
面接の場で見事にそれを表現しきった者だけが内定を得る時代。
そのくせ入社してみたらそれだけの能力を生かす場も与えきらない、会社という不可解な存在。
ミスマッチの原因も入社した側にばかりあるとは言えないのではないだろうか。
入社するに当たって大した志望動機も求められなかった先輩方には理解できなくて当然かもしれないが。
タイトルには「3年」とあるが、今はもっと早く転職を考える人も少なくないと思う。
かく言う私も2年4ヶ月で退職したクチだ。
本当は3年ぐらい経験してみないと仕事の内容も会社の体質も、自分がそこに合うかどうかも
わからないというのは一理あるし、私自身ももともとは「最低3年」と思って入社した。
しかし想像すらしていなかった過酷な現実が待ち受けていたのも事実で、
正直、あと8ヶ月ねばっていたら死んでいたかもしれない。

今の若者には我慢がない、という人がいる。私ももちろんそれは否定しない。
しかし我慢をすれば報われた時代と、我慢のツケを自分の命で払わなければならない今とは
同じ次元で語れるはずもない。
私に言わせれば、結果の出ない我慢など無駄でしかない。我慢そのものを美徳とする時代は終わったと思う。
もはや根拠のなくなった「最低3年」に縛られてはいけない。正しい決断を下すのが早くて悪いことはない。

就職にしろ転職にしろ、巷で飛び交う常識論、原則論を鵜呑みにしていては、
決して幸福はつかめない時代だと思う。何が事実で何が幻想かを考えるのは自分自身。
これは大変厳しいことではあるが、避けて通れぬ道だ。自分の幸せを決めるのは自分しかいないのだから。



私は金融系の会社で営業を担当していますが、バブル崩壊の余波はいまだに根強く、私を含め30〜40才ぐらいまでで管理職の一歩手前で足止めをくらっている人が何人もいます。10年位前までは、係長クラスぐらいまでならほとんど自動昇格していたらしいのですが、私が中途入社してきた頃から雲行きが怪しくなり、現在では夢物語と化しています。

その頃は離職率も大変低かったらしいのですが、こんな現状を見越してか私の所属する部署では2年目の新人が7名中3名がすでに辞めている始末。部長以上のほとんどを占めている本社出向組や昇格の足止めを喰らっている連中は、やる気0状態。新人をひっぱたいてなんとか目標数値をクリアさせていますが、昇格という人参が実際はぶらさがってないことに気づくのにそう時間はかからないでしょう。ましてや、社内営業にたけてる連中(要はゴマスリ)しか昇格させないような当社に新人が居つくこと自体が奇跡なのですが、平和ぼけしている管理職には全くそれが見えていません。

なんだか会社のグチになってしまいましたが、本書の中で語られていることは全て真実です。おそらく名前の通った大会社ほど、「老人のために若者がコキ使われる」度合いが高いことを肝に銘じておかなくてはなりません。こんなハズじゃなかったと入社してから気づいても遅いのです。筆者が文中で結論づけている年功序列と成果主義を両立させている会社などほとんど日本には存在しません。

「成果主義の崩壊」で筆者が頻繁に使っていた英単語を今回も使ってほしかった(MBAかぶれの文章みたいで変なリズムがあった)のと、実在の人物への取材が中心で客観的な統計データに基づいていない点に科学的根拠の薄さを感じたが、読み物としてはかえって面白くなったことを感想として付け加えておきます。


入社する側と企業のミスマッチ説は間違ってはいないと思う。甘い考えで入社する人間は「今も昔も」いて、というかむしろそういう人のほうが多いだろう。皆が高い志を持って入社してくるなどと考えているおめでたい経営者はいないはずだ。(たぶん)だが、ミスマッチ説があまりに幅を利かせすぎていると思う。そんな単純な話ではないと思う。私自身、職は続かないほうで、今の介護職が最高の5年(近々辞める予定)で、その前は3年半だった。せいぜい3年がいいところだ。私の場合辛抱がない、飽きっぽい、という欠点が一番なのだが…ただ、ここ10年ほど、年配の人と働いていると、ブックレビューにあるようなことを私自身感じるのだ。埋まらない溝というのは存在する。話せばわかるではないのだ。永遠に平行線なのだ。生きた時代、育った時代が違うことで、決して理解できないことがあるんだということがわかる。新しく入社してくる若い子たちのことを、ゆめゆめ理解できるなんて思わないようにしないといけない。この議論は終わりがない。強制終了する。
seesaaのテーマを勝手に変更してすんません。
posted by みょうみょう at 19:46| Comment(0) | ブログテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

ハロウィンはカボチャとオバケのお祭りだね

今週のブログテーマ】今回のテーマ:ハロウィン

ハロウィンに物申します!日本のこのハロウィン騒ぎはいったいなんですか?!店屋はとにかく、保育所や幼稚園はまだしも、老人ホームまでがカボチャを飾ってハロウィン祭りとはいったいどういうことですか?!!
と言いたいところだけど、実は私もハロウィン好きなんだ〜〜〜だってカボチャとオバケという私の大好きなものが主役なんだもの、心踊らないわけないもん!!そんなら早くそう言えってか?ほんとだね。ちょっと斜に構えてみただけなんだ、でへへ。この祭り、なんかよく知らないんだけどキリスト教の行事ってわけじゃないみたいだね。キリスト教の聖者はでてくるが、元々はケルト民族の風習だとか。10月31日は死者があの世から帰ってくるらしいね。日本のお盆みたいだな。ほんとか?あやしいな…やっぱりよくわかってないよ私は。由来はともかく、お店にハロウィングッズが並ぶのがすごく楽しいね。全然怖くないオバケ柄のパッケージに包まれたチョコやビスケットは、いくつも買い込んでは人にあげたり、飾って眺めてみたり、食べたはいいがパッケージがかわいくて捨てられなかったり…チョコがこびりついてるのにもったいなくてしばらく取っておいたものもあったな。花屋にはオバケカボチャがいくつも登場し、食べられないのはもちろん、いずれ腐るのにいくつも買い込んでみたり、ほんと売り上げに貢献しているな。でもさ、オレンジ色のカボチャは脚光をあびてんのに、濃い緑の南瓜ってやつ、全然見向きもされてないね。ぼっちゃんカボチャやえびすカボチャは、同じカボチャでもハロウィンの仲間には入れてもらえないようだな。JAやスーパーでさびしそうにしていたな…キャンドルやランタン、コースター、紙皿など、オバケがこんなに怖くなくていいのか?ってくらいかわいいグッズが揃ってるよね。わが家は今カボチャとオバケだらけです。来年が楽しみだな。
posted by みょうみょう at 12:07| Comment(0) | ブログテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

風呂敷にもまさるてぬぐい

週刊ブログテーマ
今回のテーマ:夏の必須アイテム

家の中にいても、どこかに出掛けても必ず使うのが「てぬぐい」である。キッチンの手拭きもトイレの手拭きも洗顔用も風呂用もすべててぬぐいである。夏はこれらに加え、汗拭き、汗取り、日よけ、防寒(暑さ対策ではなくエアコンなどの寒さ対策である)、保冷剤カバーと幅広く活躍する。てぬぐいのよいところはかさばらないこと、乾きがはやいことである。外で使うときはデザイン性の優れたかわいい柄のものを選ぶ。10年ほど前から色や柄のかわいいものが出始め、目についたら買っている。イチゴ、リンゴなどのフルーツ柄や幾何学模様、ぞうやカエル、鳥やてんとう虫など動物柄がかわいくて気に入っている。浮世絵柄や家紋などは使うよりも飾るのに適しているようであまり好きではない。温泉や旅館でもらうような白地のは、いかにもてぬぐいというかんじがして好きだが、風呂用に限定している。おばはんが首にそんなてぬぐいを巻いていては似合いすぎるので…夏は暑いからといって、下着を着用しない人が多いが、汗をかいた後1〜2度は着替えをするのかもしれないが、それではおっつかないのではないか。そのままエアコンの冷機に当たると風邪を引くだろうに。私は下着の下にてぬぐいを挟み、汗をかいたら裏表反対にするというのを繰り返している。着替えをしなくてもいいし、冷たい思いもしなくていいので便利である。よく汗をかく子どもにもおすすめの方法だ。ところで、最近ダイソーなど100円均一の店でもてぬぐいを売っているが、あれはあまりよくない。コットン100%ではあるのだが、ごわごわしている。手拭きぐらいならいいのだが。700〜1000円ぐらいのが一番使いよい。タオル派が多いとは思うが、てぬぐいは一度使い出すとやめられません。
posted by みょうみょう at 20:14| Comment(0) | ブログテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

雨の日の過ごし方と夜中の過ごし方は似ているぞ

週刊ブログテーマ
今回のテーマ:雨の日の過ごし方

本棚に1999年の雑誌『リビングデザイン』を見つけた。しおりがはさんであるページを見ると、料理家のケンタロウが書いたエッセイ「大人になってよかった」だった。ケンタロウは夜中が好きで週末、平日、翌日の起床時間を問わず、いつも遅くまで起きているということだ。起きて何をしているかといえば、読書、音楽鑑賞、映画鑑賞の3大娯楽である。履歴書の趣味欄に書く典型的なものだが、ケンタロウが書くとすごくすごく楽しいことのように思える。

風呂に浸かりながら文庫本を読むのもいいし、リビングで夜食のピーナツバターサンドを食べながらヘビーなドキュメントを読むのも好きだ。本に限らず雑誌や新聞もいい。昼間は読み飛ばすような小さな記事が案外おもしろかったりする。
日曜日にタワーレコードで大量に買って、未開封のままのCDを聴くのもたまらないし、普段あまり聴かないCDを20枚くらい積んで無差別に聴いていく、というのも夜中ならではの楽しさ。普段聴くのは圧倒的にCDだけれど夜中はレコードもよく聴く。針がブツッ、ブツッと小さく跳ねる音に続いてふわっと曲が始まるあのかんじが、夜中の空気にぴったりで好きだ。プレイヤーにのってるさっき聴いたレコードの上に、そのまま重ねて聴くこともある。CDではこうはいくまい。
ほんとうにほんとうに夜中が好きだ。朝、日が昇ってくると「もうちょっと待ってきれよ、太陽」といつも思う。


楽しそ〜いいな、いいな〜。私は小さい頃から早寝早起きで夜更かしが超苦手だ。今でも9時を過ぎると眠くなる。よっぽどせっぱつまった用事でもない限り、12時まで起きているなんてことはそうそうない。私が一晩中起きているのは月に5回の夜勤(老人ホーム)だけだ。楽しさとは縁のない孤独でストレスの多い夜更かしだ。隣の建物の灯りと、遠くに見える夜景、月だけがなぐさめである。
私も楽しい夜更かしがしたい〜〜と思っていたら気づいた。夜中の過ごし方って、雨の日の過ごし方と似てないか?ってかいっしょじゃん!夜中を雨の日に置き換えればいいだけなのだ。自転車で出掛けるわけにはいかないし、洗濯物を外に干すこともできない、散歩もできない。となると、本読んだり音楽聴いたりDVDを見たりでんぐりがえしをしたり歌を歌ったり辛抱強くピアノの練習をしたり…夜更かしできない分雨の日を楽しく過ごせばいいんだ!そう思い雨降りを今か今かと待っているのに、ニュースは「北陸地方は梅雨入りしたようだ」などと、たるいことを言ってるだけで、いっこうに雨が降らないではないか!天気がいいもんだから今日一日洗濯と掃除と買い物と庭仕事と昼寝と片付けで終ったじゃないか!!
posted by みょうみょう at 20:14| Comment(0) | ブログテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。