2011年12月31日

元々絆のない人は深めようがありませんが…

震災の年に訪れる「クリスマス三連休」に悲鳴が続出?寂しいシングル男女を憂鬱にさせる“絆”の同調圧力
(ダイヤモンドオンライン 2011年12月19日配信掲載) 2011年12月20日(火)配信

今年もこの季節がやってきた。恋人たちが素敵なレストランでディナーを楽しみながらプレゼントを交換し、色とりどりのイルミネーションを眺めて愛を確かめ合うあのイベントが……。

 そう、世に言う「クリスマス」である。クリスマスとは、「イエス・キリストの降誕(誕生)を祝うキリスト教の記念日・祭日」。しかし、日本においてはキリスト教の記念日であると同時に、カップルの祭典であることは、読者もご存知のとおりだろう。

 しかも、今年のクリスマスは“スペシャル”だ。偶然にも24日と25日が土曜、日曜というカレンダーで、さらに23日も祝日のため、三連休となっている。カップルにとっては嬉しい限りだが、一方で悲痛な叫び声を上げているのが、恋人がいないシングルたちである。

 周知のとおり、毎年恒例の「今年の漢字」に選ばれたのは「絆」。震災の影響もあり、恋人同士の繋がりを大切にする気運が高まっている。そんな風潮を受けて、恋人がいないクリスマスを例年よりも寂しく思う人が続出しているというのだ。

 なかには、「恐怖のクリスマス三連休」と感じる人さえいる。2011年のクリスマスを巡る悲喜こもごもを追った。

 まずは、クリスマスにまつわるデータから見ていこう。

 靴下専門店のタビオの調査によると、クリスマスを「恋人と過ごす」と解答した20代の男性は84.0%で、昨年対比20ポイントも増加。女性も76.0%で8ポイント上昇した。

 一方、前回も指摘した通り、国立社会保障・人口問題研究所の「出生動向基本調査」では、交際相手がいない男性は61.4%、女性は49.5%に上り、1987年以来、最高水準となった
(18歳〜34歳)。

絆けっこう。絆が深まるのはいいことです。
でも、相手のいない人にとっては、確かに厳しい…
世間が絆、絆と騒ぐほど、焦り、心は冷えるだろう

クリスマスに一緒に過ごす相手がいないのは、バブル世代が若かった頃には、死活問題であったようだが、おひとりさまが当たり前となった今では、そうでもない。しかし、今年ばかりは違う。なぜって、絆の年だからだ。

ブームだから頭から布団かぶってれば、いずれ過ぎ去るって!!
なんてったって、おひとりさま時代なんだから!!こっちのほうが息の長いブームに決まってるって!!
気にすんなって!!

ファイト!

posted by みょうみょう at 16:08| Comment(0) | 新聞・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。