2011年12月30日

脳は社交好きなんだって

社交的な人ほどボケにくい。

これはよく言われることですね。

社会的なつながりのレベルが高い人ほど、記憶力や思考力が若々しいという調査結果が出ているそうです。(アメリカ・ラッシュ大学の科学者たちが、シカゴ在住の高齢者830人を対象に調査)

家族と一緒に暮らしていても、孤独を感じる、むなしいなど、一人ぼっちのさびしさを感じてる人ほど、記憶力が減退しやすいという研究結果もでているそうだ。

脳というのは社交好きらしい。(へーっ、そうなんだ。)
孤独に浸っているよりも、少しでも外に出て人に会うこと、楽しく会話することが脳を元気に保つポイントだとか。(うーーん、なるほど!)

せっかく集団生活の老人ホームにいるのに、誰ともしゃべってない高齢者多い…
これは職員が間をとりもつ工夫、努力をしてりないからだ。
プライバシーがない一方で、他者との交流もない。従来型の特養が、プライバシーのこととかで批判されると、必ずいい訳として、さみしがりやの人はみんなといっしょにいるほうがいいと言うが、みんなといっしょの空間にいても孤独なのだ。

「できないから」といって、いつも一人ポツーンとテーブルに残され、レクに入れてもらえないSさん。仲間はずれにしているのは他の入居者ではなく介護士だ。

三好春樹さんは、介護士は呆けないと言うが、それは創意工夫している介護士だ。してない人は呆ける。覚悟しとけよ!   私じゃないか…
posted by みょうみょう at 08:54| Comment(0) | 介護の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。