2011年12月29日

今年の漢字・絆きずな

今年一年をあらわす漢字に「絆」きずなが選ばれた。東日本大震災で、あらためて人間同士のつながり、絆を深めたということだろう。この、世相を漢字一字で表す試みは、1995年、阪神・淡路大震災のときに始まったらしく、初回は「震」だった。
ところで、「絆」は、今でこそよい意味で使われているが、元はあまりよいイメージではなかったとか。動物をつなぎ止める綱のことを意味し、「ほだし」とも読み、自由を縛る意味が強かったそうだ。時代を経て、次第に、人と人との結びつきのほうが強調されるようになったようだ。
以上、聖教新聞・名字の言からの引用でした。
漢字一字で世相を表すってむずかしそうだな。私てきには、「滞」とどこおる、あたりがピッタシだと思うが。なんか、なにもかもが停滞しているようなかんじがする。私の主観か…
posted by みょうみょう at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。