2011年12月28日

わが家に2歳の女の子がやってくる!!

来年1月下旬、いよいよわが家に女の子がやってくる。いや、おねえちゃんじゃなくて2歳の子ども…
現在市内の乳児院で養育されている子である。児童相談所から、特別養子縁組の話が来たのは今年の秋口であった。とんとん拍子に話が進み、乳児院に数回面会に行き、近くの公園にお出かけにも行っている。前回わが家に来る予定だったのだが、風邪で発熱し、面会だけになったのだ。来月1月3,4とわが家に泊まってその後いよいよわが家の子になるのである。はじめてのことです!子どもを生んで育てたことのない私にとって、ドキドキするイベントです!(続くんだってば!乳児院のシスターからは、一度決めたら引き返せないのですよ、と念を押された)仕事で子どもを育てたことはあっても(一応保育士経験あり。しかも乳児院で)プライベートではありません。保育所なんかでは、最後の子どもを親に引き渡したあと、やれやれやっと終った!それにしても仕事の後子どもの世話なんて!!とお母さんたちを尊敬しつつ、同情もしていたのだが、今や私がされる側ではないかい!!困ったことに私だけじゃなく、だんなも舞い上がってる。落ち着かねば。役場に保育所の申し込みや子ども手当てのことなどを聞きにいくと、役場も始めてのことらしく、舞い上がってた…じゃなくて戸惑ってた。乳児院など児童養護施設への入所や、里親への委託は県の管轄なのだ。えーっと県から入所申し込みがないと…上司と相談します…わからないことばかりですみません、児童相談所に連絡してみます、とてんやわんやだった。縦割り行政のマイナス面ですな。児童相談所のケースワーカーは、町の役場で聞いてみてください。と言ってたし。なにはともあれ、だから忙しいのです。フツーに子どもいる人は、フツーに忙しいって…
私たちちょっと舞い上がりすぎ。落ち着け落ち着け。
posted by みょうみょう at 09:02| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。