2011年12月28日

なんだかんだ言ってラクな5年間でした

5年間勤務した老人ホームを今月末で退職することになった。すでに退職届けは提出し受理されている。(退職願ではなく届けなので、受理もへちまもないが)必要な書類は書き終え提出した。今月の給料は、半年分の住民税と2か月分の社会保険料を引かれてさびしい親父のはげ頭ぐらいしか振り込まれていない。来月からの予定は立っておらず、心もとないが、沈没船から逃げ出したいいっしんなので、後はどうにでもなれだ。あと4日間の勤務にもかかわらず、感慨深さは全くなく、階段を上ってフロアに出たとたん、特有のにおいに嫌悪感を覚え、強い拒否反応が起こる。4年間はユニット型の特養に勤務し、1年間は現在の従来型特養であった。ユニット型にいたときからもう辞め時だと感じてはいたのだが、なかなか辞める決心がつかなかった。従来型の特養に異動になり、気分も変ったが、辞める決心をつけさせるほどの施設でもあった。この5年間を振りかえると、時々しんど〜いということもあったが、概ねラクな職場であった。年数が経つにつれラクになっていったのだ。働き始めた当初から、ヤバイ、マズイ、このままではボケ街道まっしぐらだ…という危機感はあったものの、やはり寄る年波には勝てず、ラクさに身を浸していたのだ。私は老人ホームに勤める前は、いろんな職種を転々としていて、最後は保育士をしていた。児童養護施設だったので、休日も少なく、精神的にもキツかった。それに比べ、一月に9〜10回の休みがあり、休日出勤も時間外もほとんどない老人ホームは、呆けるのではと思うほどラクだった。業務内容もしかりだ。することが、乳幼児施設と比べて極端に少ない。この5年間に、福祉住環境コーディネーター、ファイナンシャルプランナーの資格が取れた。介護福祉士、ケアマネは言うまでもなく。つまりなんだかんだ言って、与えられた仕事しかしていなかったのでラクでしょうがなかったのだ。ここで求められる仕事の質・量は非常に低く少ない。その気になれば、利用者のニーズに応えるというやりがいのある大きな仕事もできたはずなのに、私はしなかった。安穏と与えられた業務だけをこなして、趣味で資格を取っていた。いよいよ天罰が下るときがきた。こんなラクな仕事を辞めた今、私にできることってなんだろう?
posted by みょうみょう at 07:56| Comment(0) | 介護の愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。