2011年12月14日

たかが喧嘩もここまででかいと面白い

きょう12月14日は、赤穂浪士が吉良邸に討ち入った日である。

私は忠臣蔵がわりと好きで、義士らの墓がある東京高輪の泉岳寺にも、赤穂の大石内蔵助の屋敷にも行ったことがある。赤穂駅には、忠臣蔵関連のお土産がわんさかあり、青春18切符の旅で立ち寄った折には、我を忘れて買いあさった。

東京・泉岳寺では、討ち入りのこの日、線香が絶えないそうだ。庶民にとって、権力に弓を引き、義を貫き通した赤穂義士は、まさにヒーローである。拍手喝采で大人気なのだ。

私が赤穂義士に惹かれるのは、多くの庶民と同様に、義に生きて、義のために死んだその心意気である。悪役がはっきりしているのも気持がよい。吉良には悪いが、はっきり悪と決め付けられているからこそ、赤穂義士の討ち入りが光り輝くのだ。吉良の領地であった愛知県吉良町は今でも、12月14日を忌み嫌っていると聞いたが…

ところで、事の発端となったのは、赤穂藩主・浅野内匠頭が、江戸城・松の廊下で吉良上野介を斬りつけたことである。浅野がなぜ吉良を斬りつけたのか、その理由は今もってはっきりしないらしい。しかし、幕府は浅野の暴行を乱心とはせず、城中で己の恨みを果たしたとしている。つまりケンカであったとの認識である。にもかかわらず、当時の法である喧嘩両成敗とはせず、浅野だけに切腹を命じて、吉良にはなんのお咎めもなしであった。しかも浅野家は取り潰し。まことに不公平な裁定であった。
だが、こんなことはいつの時代、どんなところでもあることなのだ。

たかが喧嘩に過ぎぬ

主君のあだ討ちを果たした赤穂浪士を率いる大石内蔵助が言った言葉である。

吉良が浅野に嫌がらせをしたとかしないとか、斬りつけた原因はあるだろう。だが、浅野は赤穂5万石の領主なのだ。藩士や領民の生活に責任があるのだ。カッとなって暴挙に出るなど、許されないことなのだ。上に立つ人間が見境のないことをしてしまったために、下の者が大変な迷惑を被ったのだ。
だが人間何をしてでも生きていける。誰が殿様であろうが、ごはんが食べられればそれでいいのだ。

ところが、武士というのは、そうそう簡単にはいかないらしい。本音はどうであれ、建前は主に尽くすだ。主君が辱めを受けたのに、黙っていたのでは、男がすたるということか。男でもなけりゃ武士でもない人間にはわからないことだが、赤穂義士たちはそう考えたのだろう。

たかが喧嘩に過ぎぬ。しかし、これだけ派手に喧嘩をするというのは、庶民にすればすかっとする、やってくれるね〜といったところだ。大儀、正義、礼儀、仁義、なんでもいいが、義というものにとんと縁のない人間にとっては、なおのこと魅力的なのだ。

死んだらオシマイ、そんな不粋なことを言うやつだって、だからこそ、切腹で死んだにもかかわらず、お咎めなしで放免されたかのように喝采を浴びている義士たちが、羨ましいのだ。だって、人間は命惜しさに卑屈になるし、卑怯にもなるし、良心も捨てる。義などというものを知らない人間がほとんどである。赤穂義士は、自分には絶対できないことをやったのだ。バカバカしいが、天晴れだ。将軍綱吉はいい面の皮だが、庶民にとっては天晴れに違いない。もっとも、綱吉もあっぱれな者どもよと言ってたらしいが…

私はこういうくだらない、でかい喧嘩が大好きだ。

今度東京へ行ったら久しぶりに泉岳寺へ行き、お参りしてこよう。
posted by みょうみょう at 23:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モバゲーよりも楽しめるサイトが満を持して登場!!もうモバゲーなんか必要ない!もちろん全て無料で遊べます!本気で出会いを探すなら今すぐこのサイトをチェック!
Posted by モバゲー at 2011年12月25日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。