2011年10月30日

初めての胃カメラ検査

先週、協会けんぽの健診で胃カメラ検査をした。始めての経験だった。待合室に座っているとき、ちょうど目の前に貼ってあるポスターに、「当病院では鼻からもできます。多くの人が次回も鼻からがいいと言ってます」と書いてあったので、どっちがいいかと聞かれたとき、鼻からお願いした。私は口からの経験がないので、そのつらさはわからないのだが、口からだとゲーゲーがひどいらしい。鼻からでもちょっとゲーってきたし、私としてはけっこう苦しかった。ドクターが悠長に「はーい、食道過ぎて胃にきましたよー。どうですか?ポリープもないし傷もない、きれいですね〜」と言ってるのを聞き、説明はいいから早くこの管出してよ〜〜と思いつつも、なんかおかしかった。人がゲーゲーいってよだれもダーダー流して苦しそうにしてるのを尻目にバスガイドのような口調の解説が恨めしいのだが、やはりおかしいのだ。笑いをこらえていたのでさらに苦しかったよ。ようやく終って受付に行ったら、看護師から「検便取ってなかったんですか?!」と言われ、新しい容器を手渡された。なんと、取った便を忘れてきたのだ。会社からあらかじめ容器をもらっていたのに、そのことを忘れていて新たに容器をもらい、採取した後その容器がでてきて、どこかで入れ違ったようなのだ。……鼻水たらしてふらふらになりながら家に取りに帰って、なんとか時間までに提出した。もしこれが口からの胃カメラだったら、再起不能だったかもしれない。
posted by みょうみょう at 12:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。