2011年09月04日

おわら風の盆へ行って来ました

風の盆に行って来ました。10年ほど前から時々出かけているのですが、その人の多さに辟易させられます。今年は台風のせいか(結局こなかったけど)人が少なかったです。といっても例年に比べたらってことですが。JR富山駅は整理券まで用意して備えていましたが、正直整理券をもらって並んで乗るほどでもなかった。富山駅は改装中で、仮駅舎の暑いなかで待たされ、これにも辟易した。だんなからは、夜いいかげんに帰るよと、前々から言われていたので9時ごろには電車に乗らなきゃな、と思っていた。だが、ほんの少し雨がぱらついただけで、だんなは大慌てで傘を買い、駅に向かって歩き出した。夕方6時台の電車で八尾駅を後にした。このときこそ思った。今度はだんなとは来ない。そして今度こそ夜明かしする。昼過ぎに来て夕方帰るなんて風の盆ではない!とはいえ、今回は案内書ももらわずブラブラしていたのに、踊り流しによく遭遇した。全然真面目に踊らずダラダラしている小学男子や、ふくれっ面でしぶしぶ踊ってる5〜6歳の女の子、真面目くさって踊っている小学校高学年の女の子などが面白かった。見よう見ようとガッつくとなかなか見られないものである。三味線と胡弓の音色がさびしくもなつかしい。おわらはやはり男と女の歌なのだ。男女が対で踊るスタイルが一番よい。地酒「おわら娘」と「風の盆」を飲みながら来年の構想を練っている。
posted by みょうみょう at 21:56| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。