2011年07月31日

これって、セクハラではないか?

老人ホームに勤務している。要介護度の高い重度の人が多いせいか、利用者同士の色恋沙汰や、艶のある話などはほとんどない。だが、ばあちゃんたちの「女」の部分を感じることはある。年を取っても女は女、やはり男に対しては女とは違う感情を持っている。排泄介助や入浴介助をしてもらっていて、恥ずかしい部分をすでに見られてはいても、イケメン職員に対しては目が潤んでいたり、ポーっとした顔で眺めていたりする。わがままなことを言ってみたりもする。「よっ、色男!」とヤジをとばしたりもする。つまり、カッコいい男を前にして舞い上がり、はしゃいでいるのだ。そういう利用者は数少ない「会話のできる人」なので、男性職員のほうも手持ち無沙汰なときには、相手になることで間が持つので、ついつい調子に乗って悪乗りしたり、かまいすぎたりする。その結果、「自分の都合の悪いときに」訴えが多くなり、あの人最近わがままがひどいとか、トイレ行き過ぎなどと文句を言うことになるのだが…私が勤務する特養は男性の比率が高く(特に私の担当フロアは)、このあいだ遅番で出勤したら、スタッフがみんな男で、一瞬精神病院かと思った。しかも全員ある女性利用者を取り囲んで、わあわあ騒いでいた。その利用者が男性職員を相手に、ちょっと卑猥なことを言ったりして(実は言わせている)、それに対して、ゲラゲラ笑ったり、そりゃまずいよ〜などと言って困ったフリをしてみせたり。男性職員みながそうではないのだが、勤務年数の長いベテランの職員がそういうタイプなので、仕方なくのっている人もいれば、合わせておくほうが得と判断してのってる人もいるし、何も考えずにのってる人もいる。あまりにもバカらしい光景である。その女性利用者は、自分から卑猥なことを言う人ではない。ただ相手に影響されやすいところがある。だからこそ介護者は気をつけねばいけないのだが…まわりの人間がみな自分を見てウケている、楽しそうにしている。皆が自分に注目している、自分の言動に注目している、そのことが嬉しいだけなのだと思う。だが、その言動がエスカレートしてきているのが気になる。フロアの責任者(年配の女性)が退職することで、ますますモラルが低下すると思うとゾッとする。逃げ時かもしれない…
posted by みょうみょう at 10:38| Comment(0) | 介護の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。