2011年04月27日

女らしいことが恥ずかしくてできない女の子

中学生の頃、男っぽい友人がいた。同じ陸上部であった。私がブラブラタラタラとうだつのあがらない長距離をやっていたのに対し、その子は砲丸投げでいい成績を残していた。砲丸投げが得意なくらいであるから、体格はよい。性格もさっぱり男系である。その子の家に遊びに行くと、少年ジャンプや少年サンデー、少年マガジンなどの男の子向けのマンガ雑誌がいっぱいあり、部屋も男の子っぽかった。少女マンガとかには興味ないのかなと思い、聞いてみたところ、本屋でそれら女の子向けの本を買うのが恥ずかしいとのこと。私にしたらジャンプ買うほうがよっぽど恥ずかしいことだが…新鮮というか不思議であった。私には、そんな男みたいなこと恥ずかしくてできん!というようなことは平気で、女の子ならみんなするだろうというようなことは、恥ずかしくてできないようだった。この手の女の子というのはそれほど珍しくはない。中学、高校ぐらいまでわりといる。そういう子にとって、いかにも女の子〜〜というかんじの子は、苦手なようだ。フリフリの洋服を着て、髪は長く、ガキのくせに男に媚び、女の嫌なところを早くもかもし出している女の子は、嫌いとかムカつくというよりも、「苦手」なのだ。友人も、砲丸を飛ばす豪腕を持っていながら、ブリ子には頭が上がらない様子だった。私と一緒にブリ子の悪口は言うが、本人の前ではいい友達を演じていた。私はごく普通の女の子どもであったが、友人からは、おまえ素出さんかい〜〜、ぶりっ子しとるやろ〜と突っ込まれていた。たしかに私と友人の会話は中学男子そのものだったので、少女マンガを読んだり、その当時人気だったチェッカーズに夢中になってる私というのは、「作ってる」とかんじたかもしれない。だが、それだって私なのだ。ところで、友人は高校卒業後、婦警となった。警察勤めは似合っているが、婦警というのはいまひとつ…
posted by みょうみょう at 11:18| Comment(0) | お・も・い・で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。