2011年04月27日

美人は3日で飽き、ブスは3日で慣れる

中学生の頃、同じ部活にすごくかわいい子がいた。新入生が勢揃いして話を聞くときがあった。何人もがズラーっと並ぶと容姿の差というのは一目瞭然で、私はその子のかわいさに見とれていた。うっわ、かわいい、超かわいい、マジかわいい!とまるで男のように興奮して、チラ見どころか、食い入るように眺めていた。後で、あんた私のことジロジロ見とったやろ?とその子に言われ、へへへ〜とごまかした。まさか、かわいいから見てたともいえないしな。部活が一緒なので、毎日顔を合わす。性格が面白いのですぐに仲良くなり、学校以外でもつるんで遊ぶ。するとどうしたことか、はじめの頃あれほどかわいいと思ったその子が、それほどかわいくかんじなくなったのだ。こいつ、ブスになったか?と怪しんだ。だが、かわいくないわけでもなく、かわいいのだが、それほどでもないといったかんじなのだ。首をかしげつついつしかそのことは忘れていった。それから数年後、高校生になり、近所のファミレスでバイトに明け暮れていた。ある日、高校を中退した女の子が新しく入ってきた。失礼な話ではあるが、ヘンな顔だな、と思った。インパクトのあるヘンな顔だったのだ。ところが、一緒に仕事をするうちに、それほどヘンとは思わなくなった。おかしいな…こいつかわいくなったか?と訝しく思った。そこで、ビビビビビーーーーッとひらめいた。わかった!慣れたんだ、と思った。つまりあれだ。ブスは3日で慣れるし、美人は3日で飽きるのだ。中学時代、超かわいい女の子が日がたつにつれ、かわいくなくなっていったのは、そのせいなんだ。納得。(これは単なる個人的意見です。不愉快になった人すみません…)超かわいいあの子はみ・ゆ・き。40歳、立派なおばはんである。どんな顔になってるかな…
posted by みょうみょう at 10:47| Comment(0) | お・も・い・で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。