2011年01月03日

ビッグな姪っ子ななちゃん

実家に帰り、久しぶりに姪っ子のななちゃんに会った。相変わらずまん丸く、だるまのようだった。4歳にしてすでに体重30数キロ。「保育所はいつから始まるの?」と聞くと、隣に座っていた父親である弟が、行ってないと言うではないか。??確かお盆に帰ったとき、7月から行きだしたと聞いていたのだが………?どうやら、保育所へ行くと必ず熱が出て、家に帰されるということが続き、2ヶ月ほどで行くのをやめてしまったようだ。熱といっても37度ちょっとぐらいである。保育所は少しでも熱があると即帰されるのだ。家では全く熱がでないらしく、保育所が嫌で熱が出てるらしい。実は、ななちゃんは生まれてからの3年間野性児のようだった。(と推測される)母親が赤ちゃんであるななちゃんを連れて実家に戻り、ず〜〜っと嫁ぎ先である私の実家に帰ってこなかったのだ。(理由は今だによくわからない)去年の春ようやく帰ってきたのである。ななちゃんを超久しぶりに見て驚いたのは、そのビッグさである。次いでおばはんのような物言いや仕草。そして自堕落な生活ぶり。これはいかん!!すぐに保育所に入れるべし!!集団生活により標準体重と規則正しい生活を一刻も早く取り戻さねば!と思い、母親に保育所入所を強くすすめたのだ。これほど早く頓挫していようとは…野性児にとって人間社会は馴染めない場所であったか。しかし、姪っ子の行く末が心配だ。姉も非常に気にしており、「行かんからって籍抜いてしまったらダメ!春からまた行かないと!」と弟を叱るが、弟は煮え切らない態度である。嫁が実家に戻ったきりの間、さんざんっぱら周りから責められて、帰ってきたらきたで、責められて嫌であろうが、だが黙って見ていられない、というのが正直なところである。スリムなななちゃんを見ることができるのか…
posted by みょうみょう at 20:55| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。